車検を手早く済ませる方法を紹介【法定に適合する】

最新記事一覧

それぞれの手続き方法

車と電卓

必要書類ややり方

車検を受ける際に、横浜にある民間の整備工場や認証整備工場に依頼するなら、いくつかそろえておかないといけない書類があるのです。まず、横浜の業者に頼む前に車検証があるのかを調べましょう。それから自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書を用意します。ただし、自動車税納税証明書に関しては、税金を滞納していない、納付してから四週間が経過しているなどの条件を満たしているなら省略できます。これらを持って、横浜の業者に行けば受け付けてもらえます。ただ、横浜の車検を請け負っている業者の中には、とても忙しいところもあります。すると、すぐに手続きができない可能性もあるため、事前に予約を入れておくのが無難です。他にも、代車が用意できるのかも聞いておくと良いです。その時に意外と見落としてしまいがちなのが、車種を聞いておくことです。普段軽自動車を運転している人だと、普通車を用意されても運転がしにくいといったケースも少なくありません。可能であれば、どんな車に乗りたいのかを伝えておくと手続きがスムーズにいきます。そして、車検にはどれだけの時間がかかるのかもチェックしておきたいところです。基本的には一日で終わりますし、早いところだとその日のうちに車を返してもらえることも多いです。しかし、何かしらの不備が見つかると、修理に時間がかかります。その間は自分の車が使えないので不便な上、車検の料金が高くなることもあるため、あらかじめ確認しておくと戸惑わなくてすみます。